はげ防止に効果のある方法

今からやるべきはげ防止に効果のある10の方法

はげを防止するためにはどのようなことをしておけば良いのでしょう。
少しでもはげる確率を下げるために、今からやっておくべきはげ防止の方法を皮膚科学と毛髪科学の両面から解説します。


はげ防止に効果の高い育毛剤を選ぶ方法


あらゆるはげ防止の方法の中でも最も効果が高く必須となるのはやはり育毛剤です。
育毛剤はここ数年で飛躍的に良くなり、以前のものと比べて高いはげ防止の効果を期待できるようになりました。

最近の育毛剤の質の高さを考えると、はげ防止の方法として育毛剤は必ず使われることをお勧めします。
ただし育毛剤であれば何を使ってもはげ防止になるというわけではありません。

大切なのははげを防止するためにしっかりとした効果のある育毛剤を選ぶことです。
そのような育毛剤の選択方法は良いシャンプー剤を選択する方法と同じで、主成分を確認することです。

はげ防止に高い効果を示してくれる最新の育毛剤の主成分は、M-034とオウゴンエキスです。
M-034とは天然ミツイシコンブから抽出される成分で、毛母細胞で行われる細胞分裂を促進させます。
はげを防止する方法の一つは、髪の毛の生成が活発に行われる状態を維持するために、毛母細胞の細胞分裂を活発化させることです。

またオウゴンエキスもはげ防止に高い効力をもつ成分で、男性がはげる要因としては最大と言われる、脱毛ホルモン(ジヒドロテストロン)が生成されるのを防止してくれます。
脱毛ホルモンは体内にある男性ホルモンが変化したもので、男性がはげる1番の原因と言われています。
その脱毛ホルモンを抑制することではげを直接的に防止してくれるのがオウゴンエキスになります。

はげを防止する方法としてはこの二つの成分を含む育毛剤を使うことが大切になりますが、両方の成分を含んでいる育毛剤にはイクオスかチャップアップがあげられます。
イクオスもチャップアップも、使用後であっても効果が無ければ返金してもらうことができるので、とりあえずはげ防止の方法としてお試しで使用することもできます。
コストパフォーマンスはイクオスの方が若干良いので、こだわりが無ければイクオスから使ってみると良いでしょう。

イクオス公式サイトはこちら


チャップアップ公式サイトはこちら




はげ防止に良い食事の方法


はげを防止するには普段の食事の方法が大きく影響してきます。
基本としては、はげ防止には規則正しくバランスのよい食事をすることが大切です。

はげを防止するために特に避けておきたいのは、ファーストフードと動物性脂肪の多い食べ物です。
そのような高カロリー・高脂肪の食べ物は、将来はげる確率を高めると言われています。
高カロリー・高脂肪の食べ物を控えてはげを防止する方法としては、以下のような食べ物を控えることが大切です。

  • ハンバーガー
  • フライドポテト
  • ポテトチップス
  • 生クリーム
  • インスタントラーメン
  • 肉の脂身
  • フライ物

上記のような食べ物を避けることは、はげ防止の方法として日本皮膚科学会からも推奨されています。



はげ防止に必要な栄養素
病気を防止するために様々な栄養素が必要になるのと同じで、はげを防止するためにも必要な栄養素があります。
髪の毛を生成したり頭皮環境の改善に効果のある栄養素は以下の通りです。

タンパク質・ビタミンB6・ビタミンB2・ビタミンE・ビタミンC・亜鉛・イソフラボン

上記の中でも特にはげ防止のために意識して摂取したいのは亜鉛です。
亜鉛は体の中に取り込まれたタンパク質から髪の毛を生成する働きをしています。

また若干ながら、男性がはげる最大の要因と言われる脱毛ホルモン(ジヒドロテストロン)が生成されるのを抑制する効果が期待されています。
しかしながら現代の男性の多くは、はげ防止のために1日に必要とされる亜鉛を摂取できていないのが現状です。

その亜鉛を毎日必要量を摂取することは、はげ防止の方法として非常に効果的であると言えます。
亜鉛を食事だけで摂るのは困難になりますから、毎日確実に摂るためにはサプリメントを飲むことをお勧めします。



はげ防止に良い睡眠の方法とは


はげを防止するための方法の一つに、体内の成長ホルモンの分泌を促す方法があげられます。
睡眠中は毛母細胞の細胞分裂を促す成長ホルモンの分泌が活発になります。

特に活発になるのが夜の10時から2時にかけての睡眠中です。
この時間帯にぐっすり眠ることは、はげ防止の方法の一つとして効果的です。

夜はできるだけ早い時間帯に布団に入るようにして、はげ防止になる成長ホルモンの分泌を促してあげましょう。
また寝る前にはリラックスできる音楽をかけたりするのも、はげ防止にお勧めの方法です。



はげ防止には日々運動を


はげ防止の方法の一つに体内の成長ホルモンの分泌を促す方法がありますが、運動もまた体内成長ホルモンの分泌を促進させる方法です。
適度な運動は心身ともにリラックスできると同時に、体内の成長ホルモンを分泌させるのではげ防止につながります。

また運動をして体で息を切るようになると、体中の血管が拡張して酸素や栄養素の運搬が活発になります。
血行促進は毛母細胞の発毛を活発にさせるので、はげ防止のために非常に効果的な方法の一つです。
同じ運動であってもはげ防止が目的であれば、適度に息が切れるような運動がお勧めです。



はげ防止のためのヘッドマッサージの方法


はげ防止の方法では血行促進が大切ですが、血行促進の方法の一つにヘッドマッサージがあげられます。
ヘッドマッサージを行うことで頭皮を走る毛細血管を血行促進させ、毛母細胞の活動を活発化させることができます。

はげ防止のヘッドマッサージを行う際には必ずヘアトニックなどを使うようにしましょう。
ヘアトニックを頭皮に付けた後は、以下のような方法でマッサージしていきましょう。

  1. 親指から薬指までの指の腹で円を描くようにマッサージしていきます。
  2. 両手の五本指を使って頭皮を弾くようにタッピングします。
  3. 両手の手のひらで頭を挟んで、両方から押すように圧迫します。

はげ防止の方法の一つとして、お風呂上がりには上記のような方法でマッサージしてあげると良いでしょう。



はげ防止のためのシャンプーの方法
シャンプーにしてみてもはげを防止する方法はあります。
はげを防止する上で重要なのは、どんなシャンプー剤を使うのかということです。

シャンプーには石油系界面活性剤が原料のものと、アミノ酸界面活性剤が原料のものがあります。
石油系界面活性剤のシャンプーは頭皮の皮脂を落としすぎてしまったり、有害物質を吸収してしまう可能性があります。

シャンプーの方法ではげを防止すると言うことであれば、アミノ酸界面活性剤が原料となっているシャンプー剤を使うようにしましょう。
アミノ酸界面活性剤のシャンプー剤を見分ける方法としては、以下に記載されている成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

  • ココイルグルタミン酸
  • ヤシ油脂肪酸
  • ラウリン酸
  • ミリスチン酸
  • グリシン
  • メチルアラニン
  • サルコシン



禁煙と禁酒


はげを防止したいと考えるのであれば、何かの方法を試すよりもまず実践したいのは禁酒と禁煙です。
お酒を飲むとはげる訳ではありませんが、過度にアルコールを摂取するのははげ防止に良くありません。

アルコールを過度に摂取すると、脱毛ホルモン(ジヒドロテストロン)を増加させる可能性があります。
はげを防止する方法としては脱毛ホルモンの生成を抑えるのが基本になりますから、過度のアルコール摂取は避けるようにしましょう。

またタバコを吸うと血管を縮小させて、血の流れが阻害されてしまいます。
はげ防止において血行促進は基本になりますが、タバコはその逆の効果をもたらします。
止めるのが難しいようなら少しでも本数を減らすなど、はげるのを防止するために工夫してみましょう。